皮膚 じんましん

気になる病気辞典

こんな時・
  ”どうする”

「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

sp

Top>lこんな時・”どうする”>皮膚の気がかり
じんましんがやたらにできる
じんましんができて一ヵ月以内にきれいに消えるようなときは、急性じんましんで、アレルギー性のじんましんであることが多いのです。
 
アレルギー性じんましんの原因は、肉、魚などの食物、ダニ、カビ、花粉、虫刺され、薬剤などが考えられます。思い当たる原因はないかチェックしてみましょう。
 じんましんそのものは抗ヒスタミン剤の内服や副腎皮質ステロイド軟膏などで治療できます。でも原因がはっきりしないと、再発を繰り返すことになります

じんましんが一ヵ月以上も出たり引っ込んだりを繰り返すようなときは、慢性のじんましんです。非アレルギー性のじんましんを起こす薬や食物(いか、貝、そば、山芋など)の摂取が原因になるか、あるいは精神的なストレスなど心因性のものと考えられます。
じんましんは長引くほどやっかいです。早めに受診しましょう。

■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ

sp

Copylight (C)2008 All
こんな時・”どうする”

Rights Reserved.