健康  爪の色が自っぽい

病気 気になる病気辞典

こんな時
  ”どうする”

「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

sp

Top>lこんな時・”どうする”>気がかりな爪?
爪の色が自っぽい
爪全体が白っぽく、顔色も悪い、まぷたの裏も自っぽい場合は、貧血が考えられます。
そのほか、疲労感、冷え、動悸、息切れ、頭痛、微熱などの症状をともないます。貧血には、鉄分の不足で起こる鉄欠乏性貧血()のほか、あまり多くはありませんが、赤血球が壊れて再生させるその途中で壊れてしまう鉄芽球性貧血、骨髄の造血がうまくいかない再生不良性貧血、赤血球の幼若細胞の赤芽球が大きくなる巨赤芽球性貧血などがあります。一度、内科で血液検査をして原因を確かめましょう。
爪全体が浮いて、白っぽくにこっている場合は、爪甲が爪床に十分接着しいない爪甲剥離症などが考えられます。
爪の先端からはがれてきます。甲状腺機能充進症(oぺージ参照)の場合にみられます。また、水仕事の多い人、マニキュアや洗剤の刺激、皮膚の角化が進んで炎症を起こす乾癬、小さな水癌や膿癌をつくる掌嚥膿庖症などが原因になることがあります。治療にあたっては、水仕事を少なくし、マニキュアや洗剤の使用をひかえます。甲状腺機能尤進症の場合は抗甲状腺薬、乾癬や掌蹴膿抱症は副腎皮質ステロイド軟膏などで治療します


寒いと手足の先が冷たくなり、冑自くなるような症状をともない、爪が白っぽくなってきます。これをレイノー症状といいます。汎発性強皮症が考えられます
*汎発性強皮症手足の皮膚が硬化してくる病気です。爪床の血管収縮が起こり、爪床に潰瘍ができたりかたくなったりして、爪甲が浮いてくるのです。手足の末端を冷やさないようにし、ワセリンや尿素入りの軟膏などをぬったり、マッサージをしましょう。
●貧血とヘモグロビン濃度
負血とは血液^末梢血〕中のヘモグロピン濃度が正常値より低下した状態をいいます。
貧皿は起こり方によって、@出^矢)血、θ赤血球の産生低下、◎赤曲球の破壊充進(溶血〕、C@から◎までの機序が複合、などに分けられます。
ヘモグ□ビン濃度の正常下限値は、男性一四グラムニデシリットル中〕、女性=一グラム^一デシリットル中〕です。

●レイノー症状
手足の末端の小動脈が、突然、収縮して、そのために指先が白っぽくなります鉋回復してくると、充血して、発赤が起こります。
この症状が起こる原因がはっきりしない場合をレイノー病といいますむ二年くらいで自然になおります。一方、原因がはっきりしているのを、レイノー症候群といいます。原因は膠原病、閉塞性動脈硬化症、外傷などがあげられます。原因によっては、動脈が閉塞する

●爪のマッサージ
爪も、皮膚と同じように呼吸しています。手仕事をしたあとなど、手の甲をマッサージするときに、指先、爪も指の腹でさすり、血行を促してやりましょう。

■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ

sp

Copylight (C)2008 All
こんな時・”どうする”

Rights Reserved.