健康 爪に自い横帯がある

病気 気になる病気辞典

こんな時
  ”どうする”

「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

sp

Top>lこんな時・”どうする”>気がかりな爪?
爪に自い横帯がある
全身にむくみがあり、爪に白い横帯のようなものがあらわれ、爪がのぴても、その債帯が移動しない場合は、慢性腎不全やネフローゼ症候群の結果あらわれる低アルブミン血症の可能性があります
白い横帯は幅で1.2mmで、一、二条、あらわれます。爪がのびても移動しないのは、爪甲ではなく爪床の症状だからです。アルブミンは肝臓でつくられるたんぱく質です。ネフローゼ症候群では、多くのたんぱく尿が出て、アルブミンの量が減ります。これを低アルブミン血症といいます。この症状がよくなれば、白い横帯も消えていきます


指先が震える、ぴりぴりするなどの神経炎をともない、爪甲を押すとやわらかく、爪に自い横帯があり、爪がのぴても移動しない場合は、急性砒茅中毒、タリウム中毒が考えられます。
白い横帯の幅は数、,ゾです。アイソトープに用いる放射性物質であるタリウムや薬の砒素剤を扱う医薬関係の人などにみられます。

指先が震える、ぴりぴりするなどの神経炎をともない、爪甲を押すとやわらかく、爪に自い横帯があり、爪がのぴても移動しない場合は、急性砒茅中毒、タリウム中毒が考えられます。
白い横帯の幅は数、,ゾです。アイソトープに用いる放射性物質であるタリウムや薬の砒素剤を扱う医薬関係の人などにみられます
●爪の角化異常
爪は表皮の一部と考えれば、容易に想像がつきます。皮膚と同じように爪も角化していきます。でも、爪甲と爪床が接しているうちは、皮膚のように角化したものがはがれ落ちることはありません。ところが、角化異常では、接しているうちから、爪の表面がぼるぽろして、はがれてくるのです。

■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ

sp

Copylight (C)2008 All
こんな時・”どうする”

Rights Reserved.