健康 爪の色が黒っぽい

病気 気になる病気辞典

こんな時
  ”どうする”

「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

sp

Top>lこんな時・”どうする”>気がかりな爪?
爪の色が黒っぽい
ひとつの爪甲に、幅数、.縦の黒い線が二、三本はしる場合は、アジソン病(慢性原発性副腎皮質機能低下症)などが考えられます。
この黒い線は色素をつくるメラノサイトが活性化してメラニン色素が増加したための色素沈着です。アジソン病では口唇の粘膜、舌、歯肉、わきの下寸などに色素沈着が起こります莇ぺ-ジ参照一。副腎皮質ステロイド剤で治療します。


皮膚に色素沈着はないが、爪甲にだけ褐色の横帯状の色素沈着がみられる場合は、菜食主義などによるビタミン81の欠乏や、更年期初期症状のホルモン異常が考えられます。
ビタミン肌はレバー、魚肉、チiズ、卵、貝などに含まれています。食事はバランスよくとりましょう。女性ホルモンの急激な低下が原因で起こる更年期症状は、からだがホルモンの低下状態になれてくれば白然になおります

爪甲に青昧をおぴた褐色の塊状の色素沈着がみられる場合は、肝硬変や、非常にまれな病気ですが、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、肝性ポルフィリン症などが考えられます。
*ヘモクロマトーシス
 
小腸からの鉄の吸収が進んで、鉄が体内にたまる病気です。顔、上肢、外陰部などにも色素沈着が起こります。
*ウィルソン病
 
銅の代謝異常により肝臓や脳などに銅が沈着します。黄疸の症状がみられます。
*肝性ポルフィリン症
 
日光過敏性をともない、日光に当たるとその部分が赤くなったり、水癌ができたりします。
●副腎皮質ステロイド剤
この薬は、はれ、痛み、熱などをとる抗炎症作用、自分で自分の免疫系を壌していく自己免疫疾患などのときに免疫の機能をおさえる免疫抑制作用をもっています。それだけに便利な薬として使われちですか、長期に便用したり、多量に使用すれば副作用も少なくありません。感染増悪・誘発、糖尿痛・過血糖、消化性漬蜴、骨粗霧症、満月様顔貌(ムーンフェース〕などの症状か出ることがあります。使用するときは医師の指示をきちんと守ること、勝手に中断したり、延長して使ってはいけません。長期に便一つときは副作用を防ぐために、途中で血液検査や尿検査、肝機能検査などを受けましよう。

■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ

sp

Copylight (C)2008 All
こんな時・”どうする”

Rights Reserved.