健康 爪の色がこいピンク色になった

病気 気になる病気辞典

こんな時
  ”どうする”

「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

sp

Top>lこんな時・”どうする”>気がかりな爪?
爪の色がこいピンク色になった
爪の色が赤に近いこいピンク色になるときは、赤血球増多症が考えられます。
別名、多血症といいます。赤血球が多い状態をいいます。赤血球をつくるエリスロポエチンというホルモンが過剰に生産されるために起こります。のぼせ、顔やからだの紅潮、めまい、頭重感、掻痒感などの症状をともないます。内科を受診しましょう。
●赤血球数
赤血球は扁平な円板状で中央部がくぽんだ形をしています。大きさは直径7−8マイク□メートル(1マイクロメートルは1〇〇〇分のミリ)、厚さは11マイクロメートル〈らいです。1立方ミリメートル中に男性の場合は430万-570万個、女性の場合は380〜500万個含まれています。この数より多い場合は赤血球塔多症が、少ないときは貧血が疑われます。

■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ

sp

Copylight (C)2008 All
こんな時・”どうする”

Rights Reserved.